c1

カードローンの審査を受ける際に注意すべきことはどんなことであると理解しておくのがいいのでしょうか?カードローンを使ってお金を借りる際には必ず審査が必要になります。

審査にパスしないとお金を借りることができなくなってしまいます。一般の方であれば基本的には審査に落ちてしまうことはないのですが、例えばこれまで金融関連のトラブルを起こしてしまった場合には審査に落ちてしまうことになります。

しかしながら、永久に審査におちてしまうということではありません。一定の期間が過ぎるとまた審査に通るようになります。10年程度の期間が経過すればたいていの場合には審査に通ることができるようになります。

金融関連のトラブルを起こしてしまっている状態の事をブラックリストと呼んでいます。この状態になってしまっているとお金の借入の審査だけでなく、クレジットカードを新たに作ることもできなくなってしまいます。

しばらくの間は現金での生活を強いられることになります。そんな不便さを味わうことが無いように借りたお金は必ず期日までに返すようにしなくてはなりません。

ブラックリストの状態でなくても審査に落ちてしまうことがあります。例えば複数の金融機関からお金を借り入れている場合にはお金に困っているのではないかと金融機関が疑念を持つことがあるからなのです。

複数の金融機関からの借入がある場合にはおまとめタイプのローンを活用して一つにしておくと、新たな借入の審査に通りやすくなります。また、一度に2つ以上の金融機関の審査を同時に受けるとお互いに情報交換が行われて審査に落ちてしまうことがあります。

金融機関に不安を与えるような申請はしないようにすることがおすすめです。

また、総量規制のルールによって審査に落ちてしまうこともあります。年収の3分の1以上の借入をすることは法律上禁止されていますので、それに該当するような借入の申請をしてしまうと間違いなく審査に落ちてしまうことになります。

要点を押さえておけば、申請に落ちてしまうことはほとんどないと考えておいていいでしょう。しかしながら、審査には一定の時間が必要になりますので、どうしても今すぐにお金が必要であるという時には、クレジットカードのキャッシング機能を使うこともおすすめです。

クレジットカードのキャッシング機能は審査不要でその場でお金を借り入れることができる用になるのでおすすめです。